• 浮水が無添加のモルタルに比べ、1/4〜1/5に低減できます。
  • コテ仕上げまでの時間が短縮します。特に冬期の壁・土間仕上げの工期短縮が図れます。
  • 収縮が少なく、ひびわれが減少します。
  • 白華(エフロ)が大幅に低減します。
  • 5度以下の時は防凍剤を併用してください。
  • 作業時間の調整は遅延剤の使用が可能です。

ブリージング水量比較

※5時間で仕上げ押さえが可能です。

SL仕様の短時間圧縮強度

※同一添加量において、ラーファが最もブリージング水の発生が少ないため、仕上工程までの時間が短縮できます。
(セメント重量の2%添加での比較。小さい値の方が優れています)