外断熱と内断熱の比較

断熱は住宅に欠かせない要素です。
コンクリート建造物の場合、断熱層を外側に設ける「外断熱」にするか、内側に設ける「内断熱」にするかで住環境や建物の
耐久性に大きな差ができます。

[外断熱工法]

●建物の長寿命化

●快適な住空間

●省エネ

外気温の影響を受けにくい建物を実現。建物全体(コンクリート)をすっぽり包み込むように外側に断熱層を設けるため、躯体が外気温の影響を受けにくくなります。また、コンクリートは熱容量が大きいため蓄熱(蓄冷)機能を発揮し躯体の高耐久性・室温の安定・冷暖房負荷の軽減・結露の抑制を実現します。

[内断熱工法]

●建物の躯体の劣化

●室温の変化が大きい

●内部結露によるカビ・ダニの発生

外気温の影響を受けやすい建物。建物(コンクリート)の内側に断熱層をもうけるため、躯体が外気温の影響を受けやすくなり躯体の劣化・室温の大きな変化が生じ、内部結露が発生しやすくなります。


躯体の耐久性

直射日光、気温の変化、酸性雨など厳しい自然環境からコンクリート躯体を保護し、劣化(中性化)・ヒビ割れを防ぐので、
メンテナンスコストの削減につながります。

コンクリートの中性化比較

外断熱を施した躯体は中性化が進んでいませんが、無断熱の躯体は進行しています。
*コア抜き後フェノールフタレイン指示薬塗布。紫色に変化した部分がアルカリ。無職の部分は中性化が進んだ部分。

住宅ストック更新周期の国際比較

外断熱工法は躯体の寿命を延ばすため、更新周期を大幅に遅らせ、良好な社会ストックの形成につながります。


省エネルギー

コンクリートの熱容量が大きくなり、蓄熱(蓄冷)効果をもたらします。この作用により空調停止後も室温を維持することができ、冷暖房負荷が軽減、省エネにつながります。またCO2排出量が削減され地球温暖化防止にも貢献します。

外断熱工法による室内外温度比較

*夏場は直射日光が問題になりますので庇計画が重要になります。


健康・快適空間

コンクリート壁が室内温度に近づくため内壁部の結露を抑制し、アレルギー症状の一因であるカビ・ダニの発生を防ぎます。また、外気温に左右されない一定の室内温度が保たれ、四季を通して快適な生活空間が得られます。

結露によるカビやダニの発生

結露が発生して室内が湿潤状態で気温が上がると、カビが繁殖してそれをエサにダニが発生します。
そしてダニの死骸がハウスダストとなりアレルギーの要因をつくります。

結露の始まる温度差比較

外断熱の性能を発揮するためには、開口部に断熱性の高い建具・ガラスを採用する必要があります。


ライフスタイルに自由に対応

躯体が直接室内の壁となるため、ライフスタイルの変化に対応して内装を容易に変更できます。

外断熱

ライフスタイルの変化に応じて間取り変更が容易

内断熱

間取り変更時は内装変更が煩雑。