ドライ工法とは

ダンウォールドライパネル(外装板+断熱材複合板)を使用した乾式密着工法で、パネル上に塗装仕上げを施します。外装板の厚みは12mm、次世代省エネルギー基準環境区分1・2地域用の繊維補強セメント板(KSS-Tパネル)と、3〜6地域用の繊維混入セメント板(KSSパネル)があります。断熱材には断熱性・耐久性に優れた押出ポリスチレンフォームを使用しています。
※国土交通省耐火2時間構造認定 FP120BE-0078
※外装材不燃番号 NM-9744

[耐久性]

繊維補強セメント板・繊維混入セメント板による優れた耐久性、特殊金具による優れた耐風圧性能、耐震性を実現します。

[バリエーション]

型枠打込工法(新築)と後貼工法(リフォーム・新築後貼)があります。



ダンウォールドライパネル

繊維混入セメント板と断熱材(押出ポリスチレンフォーム)からなるダンウォールドライパネルは、高い断熱性・耐久性をもつパネルです。専用落下防止金具を使用することにより、高性能と安全性を両立します。


断面図

[型枠打込工法断面図]


[後貼工法断面図]



型枠打込工法

墨出し

ドライパネル割付図に添って墨出し

落下防止金具取付け

ドライパネルに専用ドリルで孔加工後、落下防止金具を取付ける

ドライパネル建込み

台付上にドライパネル建込み。コーナーパネルから取付け開始。セパレーター、目地の取付け

タテ・ヨコ端太取付け

垂直レベルを調整しながらタテ、ヨコ端太取付け

コンクリート打設・解体

打設時レベルの確認、調整。コンクリート養生後解体

パテ処理・シーリング

ボルト頭、セパ孔部にパテ処理
目地部にシーリング

仕上塗装

透湿性のある仕上塗料を施工


後貼工法

墨出し

ドライパネル割付図に添って墨出し

台付取付け

ドライパネル取付用スターターの台付を取付け

接着材塗付け

壁面に所定ピッチに接着材をダンゴ状に塗付ける

ドライパネル取付け

専用ドリルにてドライパネルに穴開け、台付上にドライパネルを圧着する
(コーナーパネルから取付け)
落下防止金具を取付ける

目地材取付け

目地材をドライパネル側面にプラ釘にて取付ける

パテ処理・シーリング

ボルト頭部にパテ処理
目地部にシーリング

仕上塗装

透湿性のある仕上塗料を施工