ヨーロッパの国々で広く使われている断熱工法は2重の壁構造で、外側がレンガ壁で、内側にコンクリート壁を作るものがあります。その内壁と外壁の間に中空層を設け、断熱層としています。中間層に断熱材を施工して建物全体を覆い、その結果建物を保護し、断熱性を高め、快適さを享受しています。日本でも今日、様々なメリットをもつこの外断熱システムに注目が集まっています。

蓄熱(蓄冷)効果により室温を維持することができ、冷暖房負荷が軽減、省エネにつながります。また、CO2 排出量が削減され、地球温暖化防止にも貢献します。

躯体が直接室内の壁となるため、ライフスタイルの変化に対応して内装を容易に変更できます。

厳しい自然環境からコンクリート躯体を保護し、劣化(中性化)・ヒビ割れを防ぐので、メンテナンスコストの削減につながります。

躯体が外気温の影響を受けにくいため快適な室温を保ちます。また、結露を防ぎ、カビの発生を抑えるので、健康的な空間が保たれます。