COMPANY

ご挨拶


代表取締役社長
藪原 健三

当社は藪原商店として明治34年(西暦1901年)藪原鉄五郎によって東京駅前に創業いたしました。東京の一建材店であった当社は地の利を得て事業を順調に拡大し、現在に至っております。しかし、今日の株式会社ヤブ原になるまでには関東大震災や戦災等々幾多の災禍を乗り越えてまいりました。

このヤブ原を支えてきたものは創業以来の「堅実経営」と「不屈の精神」であります。これは当社の経営理念として今も息づいております。

日本経済が景気の減速による先行き不透明な状況下、日本企業にとっては経済のグローバル化による国際的な競争力と、情報化によるスピーディーな意思決定や適応力が求められる厳しい環境に直面していると言えます。一方、企業間の競争ばかりではなく、環境問題、地域社会への貢献、コンプライアンスの遵守等、企業に求められるものも多様化しており、企業モラルのあり方一つが企業の信用度はおろか存廃をも左右する時代となっております。社会から厳しい目が向けられる中、「信頼」と「安心」を前提にしたさまざまな顧客ニーズに対応した商品が求められております。

私どもは「信頼」と「安心」をコンセプトとして「健康」や「環境」に配慮したさまざまな対応を通して、人と自然が調和できる住環境の創造を心掛けてまいりました。また、多様化する顧客ニーズを取り入れ、従来からの内外装材に留まらず、幅広い商品の開発と新たなビジネスモデルの構築を行っております。今後とも幅広い商品知識を持った人材育成と充実した商品データベースを構築することにより、国内外を問わずにお客様の声に応えられる建材専門商社としての地歩を固めてまいりたいと思います。

日本古来の木の文化と土の壁材、日本の風土に長い年月をかけて育まれた伝統の塗り壁を祖業として、当社は創業100年余を経過しました。これも偏にお得意様、仕入先様のご支援の賜と深く感謝申し上げます。今後とも創業者の座右の銘であります「運・根・鈍」の精神を踏襲してこの塗文化を継承し、皆様のご期待にお答えできますように役員、社員一同一生懸命精進してまいります。皆様のますますのご隆盛を祈念し、相変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。